アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
マーケティングAtoZ
ブログ紹介
マーケティングAtoZを書留める。Home:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazu-s/index.html

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
マ ー ケ テ ィ ン グ 倫 理
 企業はしばしば、正しい道を行き立派な決断を下すか、恥ずべき道を行き顧客の信頼を 裏切るかという選択を迫られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/07/10 10:43
ロ イ ヤ ル テ ィ
 「ロイヤルティ(忠誠心)」とは、国や家族、友人に対して深く傾倒した状態をさす、 古めかしい言葉だ。その言葉がブランド・ロイヤルティというかたちで、マーケティングの 世界でも用いられるようになった。だが、ブランドに忠誠を尽くすことなど、ありうるのだ ろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/07/10 10:42
リ ー ダ ー シ ッ プ
 すべてのマネジャーはリーダーであるべきだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/06/28 05:17
国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
 企業にとって最も望ましい成長の道筋は、地域化もしくはグローバル化することである。 だが、海外進出にはたいていの企業が躊躇する。関税、言葉の違い、文化の違い、平価切下げや 為替管理リスク、贈収賄といった障害やリスクに目がいくからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/06/28 05:16
無 形 資 産
 現代のバランスシートは真実を伝えていない!なぜなら、企業の最も重要な資産が記載されて いないからだ。企業価値の80%を担うのは、当該企業の無形資産といっても過言ではない。 ところが、これらの無形資産は帳簿上に表れてこない。工場、設備、在庫、運転資本などの評価 額は、企業の真の価値をほとんど反映していないのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/30 05:58
イ ノ ベ ー シ ョ ン
 イノベーション(革新)を起こさなければ、企業は死ぬ。しかし、例えイノベーションを 起こしたとしても、成功しなければ、やはり生き延びることはできない。 消費者向けパッケージ商品の成功率はわずか20%、B2B製品の成功率はおよそ40%。 いずれも二の足を踏みたくなるような数字である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/30 05:56
情 報 と 情 報 分 析
 膨大な情報を有していながら、有効に活用できていない企業が多い。企業の持つ情報を、 容易に検索でき学習可能なかたちに組織化すること、すなわちナレッジ・マネージメントが 爆発的な関心を集めているのも、こうした事情があるからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/23 01:14
実 践 と コ ン ト ロ ー ル
 戦略と実践はどちらがより重要かという問題は、常に議論されてきた。Peter Druckerは、 「具体的業務に落とし込まれない限り、計画は無意味だ」と述べている。だが、不十分な 計画を見事に実践することと、見事な計画を不十分に実践することは、五十歩百歩である。 成功のためには戦略と実践の両方が必要なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/23 01:11
イメージと感情のマーケティング
 企業のマーケティングは、顧客のマインドシェア、ハートシェアを勝ち取るため、しだいに イメージと感情のマーケティングへと移行しつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/16 09:46
保 証
 保証(Guarantees)は企業の価値と信頼性を高める上で、強力な武器ともなりうる。保証の 形態としては返金、賠償、交換などがある。ただし、意味のある保証、無条件に信用できる 保証、理解しやすい保証でなければならない。1週間でフランス語が話せるといった類の保証は 相手にしないほうがよい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/16 09:44
成 長 戦 略
 企業は利益をあげるだけでなく、成長していかなければならない。成長しない企業は、 長期にわたって利益をあげ続けることはできない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/05/15 15:18
目 標 と 目 的
 企業の目標として最も一般的なのは、資本のコストを上回る売上を上げることである。 これ以外にも企業の目標はあるが、いずれの目標を掲げるにせよ、慎重に検討する必要 がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/15 15:15
将 来 予 測
 将来の問題を予見できない企業は、将来大きな問題に巻き込まれることになる。企業が エコノミストやコンサルタント、未来学者に頼る理由はここにある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/09 06:47
集 中 と ニ ッ チ
 マス市場は多数のニッチからなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/08 07:18
財務マーケティング
 今日の企業は株主価値を重視する傾向にある。マーケティング担当の副社長が、最近実施 したマーケティング努力の結果、顧客の意識、知識、満足度、維持率などが上昇したと報告 しても、CEOは満足しない。 彼が知りたいのは、マーケティングがROIや株価にどのような影響をもたらしたかという ことである。これからのマーケターには、マーケティング指標と財務指標を関連付ける力が 欠かせない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/04 17:24
経験マーケティング
 通常マーケティングといえば、財やサービスのマーケティングのことをさしている。 だが、Joe PineやJames Gilmoreは、これからは経験マーケティング---すなわち、財や 製品に付随する経験をデザインすること---を論じるべき時代だと主張している。二人の 主張を裏打ちする事例には事欠かない。一流レストランは料理そのものだけでなく、 雰囲気の良さでも知られている。スターバックスのコーヒーは2ドル以上するが、最高の コーヒー体験を味あわせてくれる。経験マーケティングの目的は、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/04 17:23
社 員
 社員は企業そのものだ。マーケティング計画を生かすも殺すも、社員しだいなのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/01 06:39
差 別 化
 <コモディティ(非差別化)市場での差別化> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/04/29 07:48
デ ザ イ ン
 「デザイン」には、成功する製品やサービスを開発するうえで必要とされる一連の ツールや概念を含んでいる。しかし、デザインとは何かを理解している管理者、 デザインを重視する管理者はほとんどいない。せいぜい、デザインとスタイルを同一視 しているといった程度である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/04/29 06:48
顧客の望むこと/企業の望むこと:相容れない現実
▽顧客の望むこと  ・広範にわたる個人情報を企業が所持してほしくない。  ・一部の企業には、どんな情報を知らせてほしいかを教えても良い。  ・自分たちに接触するのは、意味のあるメッセージを、適切な媒体を通じて、   適切なタイミングで伝える場合だけにしてほしい。  ・電話や電子メールで手軽に企業に連絡できるようにしてほしい。また、   迅速に回答してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/04/25 16:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

マーケティングAtoZ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる